日本経済の発展のために|不動産投資に役立つマンション管理会社ランキング
男の人

不動産投資に役立つマンション管理会社ランキング

日本経済の発展のために

模型と紙幣

負の遺産と化す不動産

この資本主義社会の世の中で企業がさらなる成長を遂げるため、あるいは生き残っていくために企業買収によって会社を大きくするという手法がとられることがある。その相手方となるのは成長が鈍化し生き残りたいと願う企業や、共に成長している企業、さらには後継者がいなくなり事業存続を願う企業などさまざまである。そんな企業買収において、相手先の「ノウハウや看板」は欲しいだろう。しかし、相手もれっきとした企業。事業を行うためには土地や設備などの不動産があった。これらの価値は大きく下がり損失を生み出しているケースが少なくない。これらのために企業買収がうまくいかない、つまり「売りたい自社を買ってくれない」という不幸が起こり得るのだ。そうならないためにも、不動産の整理は非常に重要な課題の一つといえるのだ。

日本経済の新陳代謝

不動産の整理には、例えば不要な土地を売却して現金化してしまうということや、同業他社が買収相手の場合、そこに工場を集約するといった効率化があげられる。また、店舗の場合は不採算店を閉めて買収相手の不利益にならないようにするといったことも考えられるだろう。ただし、経営体力の弱った買収される企業はそこまでの行動が起こせないからこそ生き残るために会社を売却するのである。成長力のある買収した企業の手によって不動産の整理・活用はもとより、業務フローの改善や財務体質の見直し、仕入れの一体化による価格競争力の向上など、大きな効果が見込めることもあるのだ。企業買収というのは、勝ち組・負け組を決めるという側面も無きにしも非ずなのかもしれない。しかし、そんなちっぽけなことよりも業界再編・再構築によって日本経済もまた成長するという、いわば「新陳代謝」のようなものであり必要不可欠な動きなのである。